心の中、つれづれ

前記事の流れだと、
主人は金にうるさいが私は出費に寛大かのようになってしまうのだが

彼のケチケチは単なるコピーであり現実に出費に臆病なのはCタイプの私のほうである。

現金で車を一括購入した事が説明つかないじゃないか、と思うかもしれないが
「自信をもつ」「愛を受け取る」ミッションが持ち上がった時に、心理的なことをいろいろ考えた末、私の中で壁になっていた「自分のためにお金をつかう」ことを実行すべき時だと思って行ったことなのである。

20年くらいずっと、
現実社会で金を稼ぐことが苦手な自分と、しかしストレスを感じやすいのでひたすらのガマンはできず、ストレス回避のための資金が必要(遊ぶ、とかではなく「これがあれば精神状態を維持できる」という出費。搾乳器2台購入などがそうである。不安に潰されやすいため不安回避のための出費。)が必要であるジレンマから、貯金を大きく切り崩すことが出来なかった。

貯金=不安のための安定剤・使いすぎてはいけない、という役割から、「まとまった現金で現実の自分を快適にすること」へと、役割を変えたのである。
もともと自分の快適さに出費できるタイプからすると意味不明かもしれないが、とても勇気のいるミッションだったのである。

自分への信頼がなければ出来ないことであり(この安定剤が無くても私はもう大丈夫、という自信)それはつまり配偶者である夫への信頼でもあるのである。

この人と一緒なら大丈夫と思えたのである。それは相手の収入が安定してるからとかではなく、この人と一緒にいる自分なら大丈夫だという自信を持てたからなのである。
本当に、以前は手放すことがとても怖かった貯金を、驚くくらい、何の心配もなく使えたのである。


出費の目的が主人が喜ぶ「車」であることも、ポイントだったのである。私だけが楽しい出費では全く嬉しくないのである。私が快適になり主人も嬉しい出費、というのが重要ポイントだったのである。この心理的な理由は分からない。もしかしたら、自分だけに使うことはまだ怖いと思っているとか、そういう「逃げ」なのかもしれない。そこは分からないが、主人が嬉しがってくれたおかげで、踏み切れたのである。


主人も言っていたことだが、車が来てすぐに主人が死んだらどうするのか、という問題にも、
ほとんど不安を感じないのである。
それはそれこれはこれ、これは自分のカラを破るミッションとしてやり遂げたことだから、これはこれで完結なのである。車の購入と考えたら無駄になるのかもしれないが、それは全く関係ないのである。


Aタイプの主人と歩んでいる道のりは、私目線で語ると私ばかり活躍しているように見えるが
Aタイプの純粋さ・素直さのようなものに触れながら私自身も成長させてもらっているのである。
愛で歩んでいる成果だと思う。


前の結婚では出来なかったのか?を考えると、
私自身が病気だったので不可能だった、という結論である。
最適な変化のきっかけはCしか持ち得ないのだが病んだ状態のCにそれは無理なのである。(前例を見本として取り組めば他タイプでも可能だろう。)
病気を治した後なら可能であったが、タイプ別について理解を深める前に、次に踏み出す機会が訪れてしまったこと、
人間として好意を持っているが夫婦としては別の形を理想としていたので、
「どのタイプでも理想に近い関係が可能かもしれない」と分かる前に次に踏み出してしまったこと、
しかし、いま考え直してみても、おそらく前夫のタイプと、それにプラスした「彼が経験で培った性質」から考えると、私の理想とする関係は難しいだろう、やはり友人・知人として尊重した関係が一番うまくいくだろうな、というのが結論である。(簡単に言うと、私は子どもみたいな純粋さのあるかわいい人が好きなのだが彼のプライドがその自分を許さないだろうし私も、彼がかわいい人になるのを見たくないのである。)





ちなみにここ数日間、主人はとても感じが悪かったのだが、それは私の話した「家族1の距離感がおかしい」の発言を受けて主人が自分の距離感を模索した結果なのである。
「家族1の距離感がおかしい」の話題の最中から、主人は自分の距離感のことばかり気になってしまって私が理解してほしい「家族1とは距離を置きたい」はなかなか理解してもらえなかったのである。
つまり主人にとっては、家族1がどうであろうがそれはたいした問題ではなく私が何を好きで何を嫌いかが大問題なのであり、家族1について話した情報を自分にあてはめて、必要ない試行錯誤をしてくれた結果、感じが悪くなったのである。


困ったな、そういうつもりじゃなかったのにこんなことになってしまった、とは思ったがそんなトンチンカン主人がとても可愛かったのである。
主人はよくプロ野球のピッチングをマネしているのだが愛情の関係においても主人が投手で私が捕手なのである。BUMP OF CHICKENの歌にあるように、到底取れそうにない球ばかり投げてくるのだが私は名捕手なのでそれをほとんど捕るのである。捕れる、ということはその球が持っている純粋で素直な彼の本質に触れているということなのでそれに触れた私は浄化されてひとまわり成長できるのである。


~~~

最近は、主人が話す「義母の受け売り」にも、その奥にある善意を感じ取ることができるようになってきた。
以前は、感じ悪いなーなぜこんな言い方しか出来ないんだろうと思っていた「あっそ」「ふん」などにも、義母なりの
「私はよく分からないが、こうしておくことが相手は嬉しいのだろう、ならそれでいいよ」、みたいな感覚を、肌で感じることができるようになったのである。
私にとっては感動的な進歩である。
義母の物言いが苦手で苦手で、主人が義母のコピーをしゃべるたびに不快で、ツラい思いをしていたからである。
そのつど深く考えてこれも善意なんだ、と納得していたものを、肌で瞬間的に好意を感じ取れるようになったことは、本当に嬉しいのである。

生理後症候群

いま、生理が終わりかけなのだが

生理前のPMSのような症状がまた現れたので
原因を探っていたところ
「生理後症候群」なるものがあることを知った。
原因は主に鉄欠乏(貧血)である。


生理前のPMSは精神不安定が主症状だったのに比べて、生理後の今は疲れやすさが主症状なので、おそらくこれで間違いないだろう。

鉄サプリを購入し、飲み始めようと思う。


~~~

とりあえずロキソニン
頭痛と体のダルさが強いのでとりあえずロキソニンを飲もう。
というのも、今は主人が禁煙を再開しているので、鉄サプリの購入を控えたいと思ったのである。

なぜ買うのか、の説明が面倒くさい。
子育てにおいてベストな精神状態を維持したいという理由なのだが、その感覚がAタイプに通じるとは思いづらく(命の母ホワイトを購入希望した時の、彼の「?」な感じがそれを物語っている)、
私は日頃から「考えすぎだ」と思われているのでまたその類いだと思われるのが面倒くさいし、禁煙中はそれらが彼のイライラを誘発しがちだからである。禁煙イライラ中の彼は、自分の価値観に合わない余計な出費に敏感になるのである。
イライラついでに私の行う子育ての色々にまで小言が飛び火し出したらその回避が大変なのである。

よって今ある薬でなんとかなるのならそれが一番穏便なのである。無くなったあとの買い足しも、ロキソニンなら頭痛持ちの彼も飲んだことがある薬なので理由の説明が「頭痛だから」で簡単なのである。

私自身が具合が悪いなかで配偶者のイライラを誘発したら事態は大変なことになるのである。小さな火種でも回避するのである。が、自分の体調不良も、ある程度は改善するのである、子育ての精神状態を悪化させないためである。

生理周期による精神不安定 まとめ

私の、生理周期による精神不安定は、
生理初日まで若干のこるが、生理2日目からは、ほぽ通常のキャパシティに戻る事が分かった。


よって次回は、
排卵後、精神不安定を自覚した時点から生理初日まで、「命の母ホワイト」を服用してみることにする。

マルトリートメントの説明になかなか良いモノがない。

家族1が「マルトリートメント」を検索した場合どのような情報がヒットするかをざっと調べてみたのだが

状況が読めないタイプには分かりづらい表示になっており、マルトリートメントの情報は、家族1の状況改善にはつながらなそうである。


例えば「スマホタブレットを与える」のがマルトリートメントとして書かれているのだが
それは、スマホタブレットを与えることで「親が子どもに関わらなくて済む」、と考えるネグレクト気味の親の場合に、それがマルトリートメントになるのであって、

親が使っているスマホに興味を持った子どもが自分もやりたがる、という状況では
ふだん十分に愛情とコミュニケーションがある家庭なら、(危険さえきちんと教えてあげれば)子どもだってスマホを使って良いのである。特権濫用的な不平等で「親は良いが子どもはダメ」のケースになるほうが逆に問題である。

しかし状況が読めないタイプは、このマルトリートメント表示からだと「スマホはダメ」ということしか把握しないため、どのような状況であれ子どもにスマホを禁止し出すわけで、
むしろ、「親は使いたい放題だが子どもはスマホ禁止」を「怒鳴り立てる」という、真逆の効果になってしまう。

家族1も完全にこのパターンになるであろう。
マルトリートメントを調べさせることは彼らの暴言虐待の改善にはまるでつながらないのである。


よって、やはり
前記事ラストに追加した、「私は、子どもに怒鳴る大人が嫌いである」という個人的な感想を語るのみにするのが、一番効果がありそうである。

そうだ、長男を使ってみよう

とても良いことを思いついたのである。

次に家族1・2と会うときに、チャンスがあれば
家族1の長男に
「お父さん怖いよねー。私は、子どもを怒鳴る人って大嫌いなんだ」と言おうと思うのである。


先日、主人がその長男に
セイフティーという言葉を覚えさせていたので、
カタカナ数文字の言葉なら覚えられそうであるから


「ヤングケアラー」と
「マルトリートメント」を
覚えさせようと思うのである。


そういう理由で大嫌いだから、メールの返事をしないんだーと言ってみようと思うのである。


今まで、家族1・2と会うのは憂鬱で仕方なかったが、長男経由で状況改善をはかることを思いついたら、
次の会合が楽しみになり、
負担になりつつあった、家族1長男の心のケアも、やりやすくなるのである。


本当に強い人は、怒鳴ったり脅したりしないのである。一番弱い存在の子どもに怒鳴ったり脅したりするなんて単なるチンピラ以下である。柔道家が聞いて呆れるのである。それも言ってやらねばならない。


~~~

自分の過去記事「純粋な気持ちの注意」を読み直し、相手を責めるニュアンスは言葉の持つ力を減退させることを思い出したので

「私は、子どもに怒鳴る大人が嫌いである」という個人的な感想と、
「怒鳴ったり叩いたり脅したりするのは、マルトリートメントといって、やってはいけない育児法なのだ」という事実だけ語ろう、と思い直した。

特権濫用について

仲間だ、というキレイなまとめの後だが
一応吐き出しておこう。
彼らをみて不快に感じる特権濫用の内容である。


子どもにはガマンをさせておいて大人は好き放題にやるところ。
「米を食え」とあれだけ強制しておきながら自分は酒を飲み米を食わないのである。
酒は嗜好品なので子どもに例えるならジュースばかり飲んで飯を食わないのと同じであり体に良くないのも同じなのである。
子どもはダメだが大人は許されるというのならその理由もきちんと子どもに説明すべきである。


甘い物ばかり食うなと子どもをどやしつけておきながら大人は菓子ばかり食い、愛をもらう代償として特大パフェまでつくり、欲しがる子どもを制止して私に食べろと言ってくるその矛盾。
子どもに禁止して大人が好き放題食べるのならその理由を子どもに説明すべきである。
歯磨きをしたからアイスはダメだと子どもに言っているのも聞いたが、私に対しては「歯磨きは何度もできますから」と言うのである。大人が何度もできるのなら子どもだって何度もできるのである。ついでに愚痴ると、子どもが寝てからが本番だというその酒盛りに私は全く興味がないのである。翌日の体力が削がれると困るので適当にフェイドアウトして眠りについたが、やることなすこといちいちが大人は何をやっても良いが子どもはガマンすべきであるという思考でウンザリするのである。寝てからが本番と言うのならせめて起きてる間は子どもを中心に面倒をみてあげてほしいのである。一日中大人の都合を中心にしてどやしつけてばかりなのだから一日中自分の本番をやっているのと同じである。


極めつけは昨日のオリンピック観戦である。
日頃、子どもに「テレビを見るな」と散々どやしつけておきながら自分の好きな競技の大会はソファーにふんぞり返って観戦し、普段はテレビを禁止している子どもにも、お前も正座してこれを見ろと言わんばかりの態度をし、周囲の人間までその空気に巻き込むのである。どないやねんという感じである。日頃あれだけ子どもにテレビを禁止しているのだから自分が見るときも「お父さんはどうしてもテレビを観たいのでテレビを観させて下さい」と子どもにお願いするべきだろう。
ちなみにそのスポーツは柔道なのだが柔道のどこがそんなに偉いのか私にはさっぱり分からないのである。単なる本人の趣味であり子どもが正座して見なければいけない理由は全く無いのである。ついでに愚痴ると柔道協会はモラハラとバワハラの巣窟なのである。金メダリストが「人間的にも成長したい」とコメントしていたが本当に心底そう願いたいのである。柔道協会というのは柔道界全体の精神的な見本でもあるのである。あの協会運営のままでは、うっかり柔道など極めたら ろくな人間にならないのである。


最終的に、このとんでもない特権濫用をこの人間に仕込んだであろう彼の父親が警察官であるということを考えると、もう文字通り、世も末だなと思うのである。

軽井沢のレストランみたいな家

以前言っていた、
クリームシチューの箱の、軽井沢のレストランみたいな家に住みたいなという夢が、
かなり簡略化はしているが、叶ってしまった。
先日のキャンプである。


近い感覚を、かなり味わえたので、もう、実現しなくても満足した感じである。


トリックアートの美術館も、
実物を見るには海外に行かねばならない天井画や絵画を、近い雰囲気で楽しく味わえたので、とても嬉しかった。

クリームシチューのレストランに加えてこれもまた、ご褒美をもらった気分だし、

それに、こうして「天地創造」を共に見ている彼ら家族は、なんだかんだあっても、やはり同志なのだよなあ 
と感じずにはいられないのである。