警察の配置についての意見。事後に取り締まる、のではなく、事前に危険を知らせてあげる。

「とにかく取り締まる」のではなく

事故や違反が起こりやすい場所があれば
以前書いた「出向システム」を使い、その件を行政に上げて、その道や標識を改善する。
そのようにして、いつまでも同じ事故や違反を同じ場所で大量に繰り返さないようにする。これがまず、基本で、



なにかの理由で道や標識などの改良が難しい場合は、その危険箇所の少し手前からパトカーや警官を配置し運転者に安全運転を意識させる。
事故多発場所にも、「目につきやすい状態で警官を配置する」ことで運転者の安全運転意識を上げる。


パトカーや警官がいるだけで、運転者は運転に気をつけるので、事故や違反が多い場所にパトカーや警官を配置して「ここは危ないよ」を意識させるのである。



目的を「事故や違反を減らすこと」に絞り、
そのやり方は、「親切なやり方」であっても問題ないということだ。





私はそのように考えています。ご検討ください。

今の取り締まり方だと、「運悪く、性格の悪い警察に、捕まってしまった」という意識ばかり強調され、
肝心の、「その場所が危ない」とか「ここは必要な標識を見落としがち」などの事実を運転者の意識から消しているので、
現場に配置するのなら「事前に危険を教えて、事故を減らすこと」に集中したほうが良いと感じます。