伏見稲荷の写真がワームホールに見えて仕方ない

ブラックホールのことを調べすぎているせいなのか、
伏見稲荷 画像」で出てくる千本鳥居の写真がどれもこれもワームホールに見えて仕方ない。


なぜ伏見稲荷を調べたのかといったら
息子がNICUで伏身の姿勢で寝ていたのと
もうすぐ金玉の手術なのと
見た目が若干、白狐っぽいのでなんとなく気になったのだった。


伏見稲荷の千本鳥居をくぐると異次元に行けるという事ではなく、神とか仏の概念で祀られているものが本当は何を指しているか、の仮定の一つである。伏見稲荷をはじめ全国各地にもある輪くぐりの祭りも、ブラックホールを象徴しているのでは?とか考えてしまうのである。