軽井沢のレストランみたいな家

以前言っていた、
クリームシチューの箱の、軽井沢のレストランみたいな家に住みたいなという夢が、
かなり簡略化はしているが、叶ってしまった。
先日のキャンプである。


近い感覚を、かなり味わえたので、もう、実現しなくても満足した感じである。


トリックアートの美術館も、
実物を見るには海外に行かねばならない天井画や絵画を、近い雰囲気で楽しく味わえたので、とても嬉しかった。

クリームシチューのレストランに加えてこれもまた、ご褒美をもらった気分だし、

それに、こうして「天地創造」を共に見ている彼ら家族は、なんだかんだあっても、やはり同志なのだよなあ 
と感じずにはいられないのである。